高校生

キャッシングのリスク

キャッシングに関して、安易なイメージをもたれる人がとても増えてきています。
無利息で借り入れできる場合もあり、賢く利用すればとても便利だといえます。
しかしそれも、癖になってしまうと大変です。

あくまでキャッシングは自分の金ではなく借りたお金で買えさなければいけないお金です。
それを忘れてしまい、困ったらまた借りればいいと安易に考えてしまう人もいます。
それを繰り返してしまうと陥ってしまうのが多重債務です。

収入や年収から返済可能な額を大幅に超えてしまった状態がどんどん続いてしまいます。
借り入れが長ければ長いほど利子が膨らんできます。
返済するためにお金をキャッシングするといった悪循環が起きてしまいます。

するとキャッシングでは借りれなくなり、法定金利を上回る消費者金融からの借り入れをしてしまう人もいます。
最終的には年収を上回るほどの、借金を抱え込んでしまう人が増えてきています。
キャッシングで一番怖いリスクは、この多重債務を抱え込んでしまう場合があるということです。

借りる際には返済計画を立ってて、その通りにしっかり返済するのが一番大事です。
借りることが癖になり必要以上の借り入れを行ってしまったり、不必要なぜいたく品を購入してしまう人もいます。
自分のお金得ではなくあくまで借りたお金をいうことを忘れてはいけません。

最終的に返済に困ってしまった場合は、自己破産の手続きをすることになってしまいます。
自己破産は家や車といった全ての財産を返済にあてていきます。
すべての財産がなくなってしまい、それでも借金がある場合は債務整理をすることができます。

自己破産は債務整理できても、その後の生活に大きな影響を与えます。
一番は高額商品の購入では、ローンを組むことができなくなります。
そしてクレジットカードを一切発行することができません。
どちらも個人に対する信頼があるかないかによって、発行が異なります。
社会的信用を失ってしまうことにつながるので、そういったリスクも考えてキャッシングをしましょう。

Copyright(C) 2013 生活をサポートするシステム All Rights Reserved.