高校生

キャッシングとサラ金

もし毎日の生活の中でけがや入院、急な倒産や解雇などトラブルに見舞われた時、家計の収入は一気に低下します。
またふけいきで給料が下がって生活を維持しなくてはいけない場合などがあります。
人によってお金が足りなくて借りなくてはいけないケースは異なります。

そんなときに頼ることになるのが消費者金融です。
消費者金融とは、個人に対して融資をお行ってくれるところです。
カードローンやキャッシング、サラ金などもすべて総合的は同じ消費者金融です。

しかし皆さんがもたれているイメージは、大きく異なります。
特にサラ金はとても悪徳なイメージを持っている人がほとんどです。
返済ができなかったり、返済の期限がおくれると家や職場や身内などに取り立てに来ることを想像します。

場合によっては暴力団などがとりたてを行い、暴力や誹謗中傷をし、社会的ダメージを与えられるといったイメージです。
しかしカードローンやキャッシングにはそこまで悪質なイメージを持っている人が少ないです。
なぜ同じ消費者金融なのに、そのようなイメージの違いがあるのでしょうか。

サラ金の多くは数十年前までは高利貸しが当然だったからでしょう。
日割りで利息が高くなっていく借り入れを行っていたり、年利100%近い利息を上乗せしていたサラ金もありました。
そしてキャッシングに比べて審査も甘いところがほとんどです。

多重債務でキャッシングでは借り入れができなくなった人が、最終的に借り入れするところとしてサラ金が存在していました。
しかし今では出資法が定められ、法定金利が29.2%以上の金利は法律上禁止になりました。
なので以前のような高利貸しはできなくなりました。

サラ金もキャッシングでも29.2%までの金利を適応しているところもあります。
今ではサラ金ではなくてキャッシングだから安心と気うわけではありません。
しっかりと金利を確認して、適正なのかそうではないのかを見極めて借り入れすることが大事です。

Copyright(C) 2013 生活をサポートするシステム All Rights Reserved.